WELCOME
この度は、コチラに足をお運びくださいまして 誠にありがとうございます。

ここは、トン最新情報のキャッチに遅れている管理人が
やりたいようにやっているまさにフリーダムなブログです。

特に東方神起のイラストを扱う事も多いため、そういったものが苦手という方は、
スクロールせずにすぐ戻られる事をオススメします。
               
東方神起のイラストを受け入れられますという方のみどうぞ! 

最新記事はこの下からになります。

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■6/26 ピカキン 東方パラダイスレポ3

ジュンス「この歌詞の内容的にちょっと切ないじゃないですか。その気持ちで歌えるように頑張ってます。」
ジェジュン「歌詞自体もすごくリアル的なんで。自分の経験だったんだ。
自分の愛のストーリーだと思いながら、こう歌うと、ほんとのこの歌の中の主人公になっちゃうんですよね」
テイ子サン「君はどこにいて、誰とどこにいて、どんな服をきて何して笑っているんだろう。
あそこのサビの部分がぐぅ~ときますよね。でも聞いた話しでは、
韓国の男性の方って凄くロマンチストが多いんですか?」
ジェジュン「まぁ結構」
ジュンス「理想って言うか。それをなんか直接やってみるっていうか
そういう感じですよね。」
テイ子サン「この中で一番ロマンチストさんは、どなたなんでしょうかね?」
ジュンス「みんな?!」
ユチョン「まぁみんな。そうですね」
チャンミン「それぞれあるんじゃないですかね?」
テイ子サン「星を見てとか月をみてとか」
ユチョン「あ~」
ジュンス「あ~」
テイ子サン「詩が生まれてくる。あ~ジェジュンさんの『忘れないで』なんて、どうしてあんな歌詞が
出てくるのかなって思いますもんね」
ジェジュン「ありがとうございます!!」
テイ子サン「『Stand by U』これからも東方パラダイスで応援して参りたいと思います。」
東方神起「ありがとうございます。宜しくお願いします。」
テイ子サン「あっという間にもうお別れになりました。
この続きはまた、東方パラダイスパート2でぜひお招きして」
ジュンス「その時は、チャンミンパラダイス」
正太サン「略してチャンパラでね」
ジュンス「チャンパラ」
ジェジュン「チャンパラ!チャンパラいいすね」
ユチョン「チャンパラ」
テイ子サン「ありがとうございました。」
ジュンス「ありがとうございました」
テイ子サン「最後にまた東方神起でしたっておっしゃってから>『Stand by U』ご紹介していただけますか?」
ジェジュン「はい!今日ほんと楽しかったです。ありがとうごじゃいました~」
東方神起「ありがとうございました」
ジェジュン「では東方神起でした~。聞いてください!Stand by 」
東方神起「U」
テイ子さん・正太さん「どうもありがとうございました」
東方神起「ありがとうございました~」

BGM:忘れないで
テイ子サン「どう考えてみても、僕達の愛の方が皆からもらっている愛と比べてたりない
どこに居ても海外に居ても、皆の事思ってます。これは名古屋でのライブで
ジェジュンがこの曲歌いながら泣かれたそうですね。
きっと日本に来ても日本のファン本国韓国に行っても韓国のファンどちら大切にしたい
ほんとどちらも大切にしたいけども、体は1つじゃないですか
東方神起は1つじゃないですか。でも皆にいつでもその気持ちを思ってもらえるように
この忘れないでを、ジェジュンは書いたのではないかなって思いますね。
っで、いつもインタビューしていて思うのが、リーダーのユンホさんは
本当にお父さんみたいな存在で何かあったら、ぽっとこう皆を喜ばせるような
事を言ってくれたり、この番組の事とかスタッフの事も見ながら、
本当にこう締めてくれる。ジェジュンはある意味お母さん役で今回も自分は喋らなくっても
どこで、突っ込んだらいいのかな?どこで突っ込んだら皆笑ってくれるのかな?
とかってみんなの事を考えて見てくれる。
それに反してジュンスさんは、もうそのまんま!」
正太サン「自由奔放でしたもんね」
テイ子サン「それが、またジュンスさんのいいところなんですね。
っで口数は少ないかも分からないけどもユチョンさんは、ぜ~んぶそれが分かってるんですよ!
分かっててポツポツっとその一言が!だから前回クイズしたときも、すぐに当てちゃいましたもんね。」
正太サン「分かってる感じでしたもんね」
テイ子サン「分かってるんですよ!分かってるけども自分はそんなに前に出ないという
そこがクール&ナイスのユチョンさんですね。」
(出るときゃ~前に出るんですお茶目な一面見せるんです!!朴氏は!)
テイ子サン「そして…」
正太サン「以上です。」
テイ子サン「嫌よ!誰が以上ですか!バンビチャンミンですけれども、
あの~チャンミンもその辺よく分かってるんです。
実は、ここFM大阪に入って来る時にお迎えするように待っていたんですが、
あんなに背が高いのに、こう…体をかがながら小走りでチョンチョンチョ~ンって
見えないように入ってくるんですよ。もしかして私の事」
正太サン「避けてます!!」
テイ子サン「いやっ違うって!!えっ?!そうかしら」
正太サン「ライブ終了後も距離感ありましたからね~テイ子さんとチャンミンの間にはね」
テイ子サン「あっそうなんです。実はねライブの後も、もしよかったらという事でご挨拶。
こういうこともめったにないそうなんです。ないって聞きましたが
ピカキンチーム入れていただきまして。メンバー全員とお会いできたんですよね。
あなた私の前に前に出ようとして、邪魔でしたけれどもね」
正太サン「ありがとうございます。」

(リスナーさんからのメッセージ:テイ子さんと正太さんになりたい。マイクになって息はいてもらいたいです。
イスになって上に座ってもらいたい。)
正太サン「いろんなプレイがでますね。」
テイ子サン「プレイじゃないって!床になってふんずけてほしい。」
正太サン「いろんなプレイがでますよね。」
テイ子サン「イチゴになって食べられたいって。私、桃でもよかったんですけどね。胃に入ってみたいって。どなたの胃に入りたいの」
正太サン「ファイバースコープです。」
テイ子サン「そうですね。彼らの本当に凄いところは、仲いいところいつも同じように接してくれるところ」
正太サン「そうですね!いつも自然体な」
テイ子サン「だから、あなたも、はじめてライブに行った時にインタビューの時にしか知らなかったでしょ?」
正太サン「先インタビューしてるので、それが自分中で基準なんですよね。」
テイ子サン「全然違うやんって」
正太サン「ユチョンとかビックリしました。」
テイ子サン「ユチョンだけ?」
正太サン「ジュンスとか」
テイ子サン「ジュンスだけ?」
正太サン「ジェジュンとかユンホとか以上です。」
テイ子サン「ちょっと待ってくださいよ!笑)まぁ今回チャンミンピエロみたいな衣装ちょっとね~
誰が考えたんやろうって考えたりもするけれど」
テイ子サン「でもねチャンミンは、チャンミタイムっていうのがあるぐらい、大切なお知らせとか、いつもチャンミンが言ってくれるんです。」
正太サン「おつかれ山!」
テイ子サン「ありがとうございます。いいですね~これからみんなで、おつかれ山を流行らせましょうよ。」

(リスナーさんからのメッセージ:東方神起の金の玉を下さい)
テイ子サン「金のくす玉でございます。みなさんくす玉の下の」
正太サン「こう書いているところですね」
テイ子サン「書いてるところ、あれはどこいったんですか?って玉だけではございません。
綺麗に畳んだのがジェジュンなんです!毎回綺麗に畳んで金の玉に入れてくれるのがジェジュンなんです。」正太サン「引っ張ったのがジュンス。畳んだのがジェジュンですね?!」
テイ子サン「はい。みんなの指紋。あなたの指紋は…」
正太サン「無いです!」
テイ子サン「舐めてないですね?」
正太サン「一切ありません。」
テイ子サン「私のは入ってるかもわかりません。」
正太サン「1名様もう時間が無いですからね。早めにFM大阪.netにアクセスエントリーしてください。」
テイ子サン「あなた急いでますね?」
正太サン「もちろんです。」
テイ子サン「というわけで、本当に時間のない中もっともっとお届けしたかったなっと思ってますが、
でも次回また頑張りたいと思います。
忙しい中、来てくださった東方神起の皆さん。そしてスタッフの皆さん感謝したいと思います。
どうもありがとうございました。」




■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

お知らせ



◆Web拍手お返事
11/15更新 NEWコチラ

プロフィール

aI

Author:aI
東方神起・K-POP
イラスト・独り言など
フリーにやっている
ブログです。

いろんなK-pop好きさんと
仲良くしたいと思っております
コメント・web拍手はお気軽に

ブロとも申請も
大喜びです★

メールは下の
郵便配達担当JJ氏を
クリックしてください。


何が何でも↑JJ氏なの!
(言い張る)


私の詳しい事などは、
カテゴリーの"はじめに"を
ご覧下さい。

フォローお気軽に☆

カウンター

ブロとも申請フォーム

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。